滋賀県木之本町・鶏足寺の紅葉

「鶏の足のお寺」!?なんて変わった名前なんだろう、だれもが興味を惹かれるような名前ですね。
名前にひかれてこの無名のお寺を訪れました。勿論 紅葉が綺麗だと聞いてのことですが。
まず驚いたことは結構訪れている人が多かったと言うことです。
今はインターネットの時代ですからね。皆さんネットで調べて来られるようです。
そしてもう一つ驚いたことはお寺らしき建物は形ばかりの小さな荒れ寺であるのに 参道は大変立派なのです。
勿論古い参道は長い年月を経てくずれてきてはいます。
でもその道はまるでおとぎの国へ入るワープの道のように美しく紅葉で飾られているのです。
鶏足寺は正式には飯福寺と言い、歴史は古く奈良時代に行其上人により草創されたもので、
江戸時代までは幕府から寺領を与えられた格式の高い寺だったのです。
今はその面影は全くありません。わずかに立派な参道がその栄華を偲ばせているだけです。
それでも村の人たちの手によって整備されています。
それを思うとここの紅葉は一味も二味も違います。
すぐ近くに兄弟寺とも言うべき石道寺があります。この寺も同じような廃寺ですが庭は地元の人々によって手入れされています。
鶏足寺の写真石道寺の写真は一応分けて別々のページに掲載しています。
私個人的には京都あたりのメジャー級の人気寺よりもこんな山中の古寺の紅葉のほうが好きです。

石道寺への写真はこちらへどうぞ

鶏足寺への写真はこちらへどうぞ

紅葉の名所、観てある記 他の紅葉名所もご覧ください。

鶏足寺と石道寺のデータ